いろいろ

d0105063_16104492.jpg
d0105063_16101616.jpg

ここに三日、北の方の方には、申し訳ないような・・・、暖かい日が続いています。
歩いていると、石垣にたくさんのスミレが咲いています。この地区は、昔から植木屋さんや花苗屋さん、養鯉業さん等の町だったそうです。それ故、歩くと、案外いろいろな花が見られます。因みに養鯉業は今は有りませんが。地名の己斐(こい)は、そこから来ているようです。そして、広島の野球チームは"カープ=鯉"です。ウォーキングコースの途中に、使わなくなった花苗屋さんの温室が有りますが、その周りに↑のヒナソウと思われる、白い米粒のような花が沢山咲いています。これから楽しみなコースです。
d0105063_1622243.jpg
d0105063_162265.jpg

よそ様のブログで、おそらく県外の方ですが、"広島に干牡蛎と言う物が有る"と云う事を知りました。
広島県人の私は、全く知りませんでした。早速、PCで調べてみましたら、お隣の廿日市市の"オイスタークイーン"と言う店に売られているようです。広島市内から、宮島の有る廿日市市までの瀬戸内沿いの国道2号線には、沢山の牡蛎小屋が有ります。
24日の日曜日、「ネロ様、牡蛎小屋に行ってみませんか?」と誘ってみましたが、「行かん」と返事。
スパゲッティーのお昼を出しておいて、一人で、探しに行ってみました。
牡蛎小屋で牡蛎を食べる人が多いようで、結構車が渋滞していました。お店はすぐに見つかりました。
なかなかオシャレなお店です。
d0105063_1633233.jpg
d0105063_16324323.jpg

探していた、干し牡蛎は、剥き牡蛎ケースの右上の小さな籠に入って、ほんの少し売られていました。地元の人には、新鮮なおいしい牡蛎が、直ぐに手に入りますので、加工した物は、知られていないようです。
レストランは、お昼過ぎても、待っておられる方が、大勢居られました。焼き牡蛎や牡蛎飯等が食べられるようです。一度牡蛎小屋で、焼きながら食べてみたいと思うのですが、焼いたり、殻を剥いたりの作業が有りますので、ネロ様やそのグループは、嫌がります。
後期高齢者ネログループは、労せずして物を食べたいタイプです。
日曜の午後の一人ドライブ、結構楽しいものです。近頃は、カーナビも使えるようになりましたので、鬼に金棒、ネロ様を置いて、プチ家出だって、出来るんだゾー・・・・・!

***********************************************************************



d0105063_1650827.jpg

時代の波に乗り遅れては・・・と思い、この本を買いました。
表から読む短編が二つ縦書きです。「abさんご」は、反対側から読みます。所が、横書きの小説です。小説は縦書きとインプットされているカチカチ頭には、なかなか読みづらく、進みません。情けない!!
by oshibanayoshimi | 2013-02-25 16:44 | 日々の出来事 | Comments(18)
Commented by 遊工房 at 2013-02-25 18:20 x
 プチ家出大好き
ジャンボ家出も好きだけど今のところできないわ
Commented by weloveai at 2013-02-25 20:21
プチ家出に大笑いしてしまいました。
姐さんは大きな家を決行されたでしょう。
私は横暴な殿方を懲らしめてやりたいと思ってる魔女なんですよ。
遊さんもジャンボ家出は縛られるものがあってできないわね。

広島は、大きなカキの産地なんですね、
浜名湖に牡蠣があってもスケールが違いました。
皆さんが牡蠣を食べにドライブして見えるんですね。
焼き牡蠣の香ばしい匂いがしてくる様です。

Commented by oshibanayoshimi at 2013-02-25 21:19
遊工房様、
本当は、プチくらいでは、ネロは気づきません。
ジャンボなら・・・・・。
Commented by oshibanayoshimi at 2013-02-25 21:27
ゆすらうめ様、
笑って頂けたでしょうか?
プチくらいでは、全く気づかないと思います。諦めました。

本物の広島人は、お雑煮に必ず、牡蛎が入るそうです。ネロ家は、両親が広島の人では有りませんので、入れませんが・・・。
瀬戸内の穴子と牡蛎は、広島料理の必需品みたいです。
ここ数年、広島の中心街にも、オイスターバーみたいなものが出来ています。冬になると、三越の屋上でも、焼き牡蛎が食べられます。
Commented by usatyu4 at 2013-02-25 21:54
こんばんは 白い花はヒナソウというのですか。
何だろうと思っていました。oshibanaさんがウオーキングされて
いるというのは初めて知りました。お雑煮に牡蠣を入れる・・・・やはりところ変われば品変わる  そのとおりですね。
去年真夏に宮島へ旅行した時、お店に焼牡蠣を売っていて旅行客の人っが食べていて行列ができていました。
夏に牡蠣はめずらしかったのでしょうね。
Commented by suzu1944 at 2013-02-25 22:45
暖かい日には未だ2月だということ
忘れてしまいそうな陽気ですね。

今年はまだ牡蠣小屋へ一度も言っていません。
焼き牡蠣美味しいですね。此方でも有明海沿岸に並んでいますよ。

地元の小さな牡蠣は生で食べられなくなりました。
凄くおいしかったので懐かしいです。
世界的ブランド牡蠣「KUMAMOTM」は
熊本の地牡蠣種が輸出されのだそうです。

Commented by oshibanayoshimi at 2013-02-25 22:49
うさ子ちゃん様
多分、ヒナソウのこぼれ種で増えた花だと思います。
花屋さんで見るヒナソウはもっと、綺麗ですが、ここで見ると、雑草のようです。
血圧が高いのと、骨が弱い事の為に、歩いています。
少しだけ・・・・・
Commented by oshibanayoshimi at 2013-02-25 22:52
suzu様
熊本も暖かいでしょうね・・・・・
この辺りでも、生ガキにあたったと云う話を良く聞きます。
我が家は、誰も生を食べませんので、幸いです。
近頃では、"オイスターバー"という、オシャレな言い方も有りますね!
Commented by masshy85 at 2013-02-25 23:38
こちらはまだ寒くて冷蔵庫の中を歩いている感じすらしますよ。
今年は横浜に牡蠣小屋が出現しましたよ。
行って来ました。楽しいですね。
熊本と言えばお米が評判ですね。かわいい名前がついてましたっけ。
Commented by oshibanayoshimi at 2013-02-26 05:57
masshy様
2月もそろそろ終わり、早く暖かくなると良いですね。
家で、殻付き焼き牡蛎をすると、台所が大変な事になります。
焼き牡蛎は、外が良いですね!
炭火で焼くと、貝も魚も、格別の味がしますね!!!
Commented by 草人 at 2013-02-26 10:41 x
 懐かしの広島はお昼前でしょうね、こんな記事を読みますと少年時代を思い出します、何といってもわたしにとっては憧れの大都会広島でしたからね、ハハ…
成人してから訪れた宮島は変わっていました、シカが多すぎる、奈良公園ほどではないにしてもシカだらけ、しかも人なれしてずうずうしい、はは…帰ってもう一度訪ねたいのは江田島でしょうか、あのあたりの海でもカキ養殖の筏を沢山見ました。
こちらは今夕方の六時前です、少し寒さが身に染みます、でもコロラドの厳しい寒気に比べますと、ずっと北にあるにしては穏やかな気候です、やがて夕食の時間ですが「押し花」さんの所為でカキが食べたくなりましたよ…
Commented by oshibanayoshimi at 2013-02-26 11:45
草人様
お元気のご様子、何よりでございます。
瀬戸内海の牡蛎、懐かしく見て頂けましたか?
良かったです。ここ数年、海水温が2~3度上がっているようで、いつも獲れていた小魚等が不漁になったり、せっかくの牡蛎にも貝毒が発生したりと、瀬戸の自然も変わりつつ有ります。
江田島の辺りもカキの養殖が盛んです。広島の牡蛎好きは、産地にこだわる方も多いと聞いています。
所で、英語に堪能な草人様にお尋ね致します。
ホームステイで、我が家に滞在したアメリカのお嬢さんを宮島に連れて行った際、海上の牡蛎筏を指差して、「あれは何?」と、聞かれました。とっさに、「オイスターズ・ベッド」と応えましたが、何と答えたら良かったのでしょう?
Commented by 草人 at 2013-02-26 13:15 x
お見事! そのお嬢さんはきっちり理解され、しかも日本のお母さんのウイットに感心されたことでしょうね…
屁理屈を言えば…Oyster's cultivation raft…となるのでしょうが、これでは味も素っ気もありません、押し花さんのお答えにはわたしも…なるほどね…でしたよ。
Commented by oshibanayoshimi at 2013-02-26 15:45
草人様、
ありがとうございます。あれで良かったのですね!
安心しました。
そちらにも牡蛎が有ると良いのですが・・・
Commented by marsha at 2013-02-27 12:24 x
干し牡蛎が見つかって良かったです。わざわざお出掛けになったのですね。
そちらで加工している干し牡蛎は大方輸出用だと思います。
広東や上海の人達は干し牡蛎を好んで食べるそうです。
世界中にあるチャイナタウンで売っている干し牡蛎は日本製らしいです。 保存が利く上、生とはまた一味違った滋養も風味もあります。

個人的には生が好きですが、干したのを冷凍で保存して牡蛎雑炊、牡蠣ご飯、アスパラとの炒め物等、シーズンを外れていても便利に使う事が出来ます。冷凍庫の中でもさほど場所も取りませんし。
Commented by oshibanayoshimi at 2013-02-27 19:45
marsha様、
行って参りました。
海辺のドライブで、楽しゅうございました。
干した牡蛎を初めて見ました。
フカヒレや干なまこ等も中華料理で使用されますから、干した牡蛎も同じような事でしょう!!
Commented by nagotu3819 at 2013-02-27 20:00
なんだか、忙しがっていまして、今押し花さんのページを開きました。
珍しいものや変わったもの、初めて聞くものたくさんあって楽しいです。
それもこれも知らないうちに終わってしまうより、見聞きするだけでも、知るってことは楽しいですね。
プチ家出も、楽しかったでしょう?
Commented by oshibanayoshimi at 2013-02-27 21:58
nagotu様
私は専業主婦で、暴君ネロの妻でしたから、行動範囲が限られていましたので、本当は知らない事が多いのです。
干し牡蛎、こんな物が有る事も知りませんでした。
ブログのおかげで、この年になって、知る事が沢山です。
行き先を告げてのプチ家出ですから・・・、面白く有りませんね!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


押し花の事、毎日のご飯の事


by oshibanaobasan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
押し花
るーぷアート
日々の出来事
我が家の「食」
故郷便り
ヘリーバッグ
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

最新のコメント

こんばんは! お上..
by yasukon20 at 22:28
生徒さんにも顔が見えない..
by masshy85 at 22:12
muyuudogama様..
by oshibanayoshimi at 22:03
うさ子ちゃん様 こんば..
by oshibanayoshimi at 22:01
お姉さま~♡   素晴ら..
by muyuudogama at 21:22
こんばんは oshiba..
by usatyu4 at 21:20
rabbitjump様 ..
by oshibanayoshimi at 21:14
suzu様 こんばんは..
by oshibanayoshimi at 21:12
marsha様 こんば..
by oshibanayoshimi at 21:09
domani様 こんば..
by oshibanayoshimi at 21:06
fran様 こんばんは..
by oshibanayoshimi at 21:03
yoshimiさ~ん!素..
by rabbitjump at 20:21
やはり舞台の上へ出ると緊..
by 1944-suzu at 20:16
↑ありがとうございました..
by marsha at 19:33
you tube で拝見..
by ikutoissyo at 18:47
こんばんは。 お疲れ様..
by fran9923 at 18:46
はりねずみ様 こんばん..
by oshibanayoshimi at 18:04
marsha様 こんば..
by oshibanayoshimi at 18:01
こんにちは パチパチ ..
by はりねずみ at 17:19
台風の大雨の日に大変でし..
by marsha at 16:28

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会
花の訪れ
2匹の犬とおばさんの日常
Rabbitjumpの草原
sumomo
        ...
わたしの好きな物
*nunonohana*
緑と食卓
ネジ式
ほっこリ日記
楽・遊・学・ビバ人生!!
一茎草花
ひだまり●●●陽のあたる...
本当に幸せなの?
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
風をきって -冒険者たち-
日々の暮らし
毎日コタロー +α
思いのままに
終の棲家のひとりごと♪
出雲そば いいづか
Mrs.和やか in 手帳
ゆっくりゆったり
夢遊土窯
日々楽しく ♪mon b...
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
好きなものに囲まれて2
元気ばばの青春日記 気持...
四季折々<4>
春のよき日に vol.3
三味★三昧

その他のリンク

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ

画像一覧