いつもいつも同じ献立です。

d0105063_10423837.jpg

d0105063_10563284.jpg

d0105063_10565634.jpg

 毎年、この時期、UPするお汁です。いつも同じ献立です。進歩がありません。
久しぶりに、スーパーマーケットに、お刺身用のトビウオが並んでいました。
三枚におろして、切り刻んで、すり鉢で卵と一緒に、ゴリゴリゴリ。
昆布出汁にキャベツを刻んで、グツグツ、最後にとびうおを擦り流します。
塩と薄口醤油で、味を調えます。ホッとするお汁です。
家族が黙って食べるので、美味しいのだと思います。
高齢者にも、赤ちゃんにも、おすすめです。
d0105063_1050256.jpg

とびうおのお汁の時期は、新じゃがも美味しく、毎年毎年、肉じゃがとの組み合わせです。
代わり映えしませんね・・・・・
冷奴には、ザーサイを刻んでごま油をタラリ、ツユ豆はごま和えです。
d0105063_10535389.jpg

高齢家族向けのお夕飯でした。
by oshibanayoshimi | 2016-05-12 10:55 | 我が家の「食」 | Comments(29)
Commented by rabbitjump at 2016-05-12 12:38
美味しいお料理はご家族のどなたも
お分かりですね(*^_^*)
何よりの季節の味ですね。
新じゃがもおいしく、なさいましたね。
わが家も明日は新じゃがで。
Commented by aomeumi at 2016-05-12 13:54
青目
家庭料理は、どうしても似たようなものになるものです。おいしそうな汁ですねぇ。トビウオはここではみません。まぁ、買い物嫌いなので、夫が行きますから、気がつかないのかも。ポルトガルではよく食べましたが・・・帰国してからは鯖も食べていません。
 明日は、久しぶりに肉じゃがにします。こんなふうに、拝見していて、我が家の献立が決まることがしばしばです。ありがたいです。

私も、あの方のブログで、布を引っぱり出しました。そろそろ夏の支度ですね。
Commented by oshibanayoshimi at 2016-05-12 14:29
rabbitjump様
新しいお料理や、変わった味にすると、お箸をつけませんから、ついつい、いつも通りの代わり映えのしない献立になります。
主婦としては、変わった料理も作ってみたいのですが・・・
とびうおのお汁は、ネロが戦時中に疎開をしていた、鳥取辺りのお料理のようです。
Commented by oshibanayoshimi at 2016-05-12 14:39
aomeumi様
戦時中、ネロは鳥取に疎開していたそうで、その辺りのお料理のようです。
山陰には、トビウオのすり身で作った、「野焼き」と云う、蒲鉾のような竹輪のような食べ物があります。
ポルトガルでは、トビウオは、焼いて召し上がりますか?
イワシやサバ、トビウオと、ポルトガルと日本の食卓は繋がりがありますね!!!

安物の木綿で縫いましたので、一夏持ちますかどうか・・・
Commented by さっちゃん at 2016-05-12 15:11 x
今日は。
トビウオの擦り流し汁美味しそうですね。
新じゃがも美味しく、肉じゃがはこの時期の定番料理ですね。
冷奴もこれから食が進みます。
ツユ豆もお高くなりましたが、胡麻和えも美味しいですよね。
Commented by さっちゃん at 2016-05-12 15:11 x
今日は。
トビウオの擦り流し汁美味しそうですね。
新じゃがも美味しく、肉じゃがはこの時期の定番料理ですね。
冷奴もこれから食が進みます。
ツユ豆もお高くなりましたが、胡麻和えも美味しいですよね。
Commented by weloveai at 2016-05-12 16:58
手順が分かっていらっしゃるので簡単に出来上がるようですが手間がかかってます。
すり鉢など最近は使った事がありません。
こうして拝見すると、おふくろの味を感じさせてくれる道具です。
食材が出回り献立が助かります。
Commented by marsha at 2016-05-12 17:47 x
トビウオの擂り流し汁は美味しいでしょうね。
擂り流しなら 鯵でも牡蠣でもエビでも好きですが、トビウオで作ってみたいですね。 こちらではトビウオはやっぱり魚屋にはありません。
子供の時に知多の海で泳いでいた時にはトビウオが周りを飛んでいたのを よく見ました。 ですからトビウオはこの辺りでもいると思うのですが、食べないのですね。
つゆ豆って サヤインゲンのことですか?
つゆ豆って 初耳です。
Commented by jan113fuzi at 2016-05-12 18:08
こんばんは
家庭料理は永遠のマンネリ料理ですよ
ネロ様の懐かしいお料理を季節ごとに作られるんですよね

トビウオのお刺身は見かけませんが
お魚屋さんにお願いするのですか
そう、野焼きちくわ 懐かしいです
山陰へ行くと必ずと言っていいほど買いますよね
Commented by muyuudogama at 2016-05-12 20:25
お姉さまの お料理 何時も何時も 美味しそう♡
ホント 私よりひと手間も ふた手間もかかっています
肉じゃがの 肉が我が家より多い 笑 
我が家の主人は大喜びしそうです
Commented by oshibanayoshimi at 2016-05-12 21:59
さっちゃん様
こんばんは。
久しぶりに、下のイズミで、トビウオを見つけましたので、お汁にしました。
これは、こちらの母に教わったお汁です。
戦時中、鳥取に疎開していた時のお料理だそうです。
私は、胡麻女と呼ばれるくらい、胡麻あえ好きです。
Commented by oshibanayoshimi at 2016-05-12 22:05
ゆすらうめ様
こんばんは。
すり鉢は・・・冬の粕汁の時、初夏のトビウオのお汁の時、すり鉢が出てきます。フードプロセッサーで、酒粕を潰してみましたが、ネロが口触りが違うと、言いますので、すり鉢に戻りました。
トビウオもFPでは食感が違います。すり鉢でなければなりません。
山椒のスリコギが、行方不明です。探さねばなりません。
Commented by oshibanayoshimi at 2016-05-12 22:11
marsha様
こんばんは。
ネロが申しますに・・・トビウオは、あまり美味しいお魚では無いので、すり身にするのだそうです。山陰に「野焼き」と云う、竹輪のような、蒲鉾のような食べ物が有ります。加工して食べる魚のようです。近頃は、出汁が有名になりました。
ツユ豆は、インゲンのことです。方言でしようか?
Commented by oshibanayoshimi at 2016-05-12 22:16
はりねずみ様
こんばんは。
本当に、マンネリなのです。
同じおかずの繰り返しです。
トビウオは、たまーに、イズミ(ゆめタウン)の魚売り場に並びます。一匹買って、三枚におろし、皮を引いて、刻みます。
この辺りと、そちらと、お魚が少し違いますか?
Commented by oshibanayoshimi at 2016-05-12 22:20
muyuudogama様
こんばんは。
基本、グータラですから、手間のかかるお料理はしません。
このお汁は、こちらの母から教わった味です。
肉じゃがは、ネロは喜びますが、娘たちは、甘いので、嫌います。
なので、めったに作りません。
毎日の献立は・・・しんどいですね!
Commented by masshy85 at 2016-05-12 23:15
トビウオの刺身は食べましたが、魚はどうだったかしら?
今度寄った時に見てみます。そして作ってみますね。
食べたことがない物はかなり美味しくないと、拒否されますが・・・。
Commented by yasukon20 at 2016-05-13 07:00
おはようございます。
いつも拝見させていただきますがなかなか自分で作れません。
今度トビウオを見たら挑戦してみましょうか・・・。
夫の大好きな肉じゃがと一緒でoshibana家と同じメニュ-になりそうです(笑)

ゆめタウンですね~^そうか 普通みませんよね。
Commented by fran9923 at 2016-05-13 08:22
おはようございます。
美味しそう〜。黙ってoshibanaさまの食卓に座りたい!
大体このあたりにはトビウオがありませんからね。
吉池にならあるかも!です。
新ジャガも美味しいですね〜。これなら出来ます。
Commented by marsha at 2016-05-13 11:27 x
大抵、夫族は食べ慣れたお料理、お味なら無難なことは知っておりました。 

でも、主婦の立場としては 一日三食ですから、同じような物の繰り返しでは 作るのも飽きますし、能がないと思い、時々、何か新しいものに挑戦します。 
食卓に出しますと、夫は、 「これは,なんだ、子供の食べるようなものじゃないか」などと厭味を云って 一口食べて後はいらないと。 「美味しいでしょー」と私。 でも、返事はありません。 「もう、いい」と、それだけでした。 
なのに、ハンバーグ、ミートローフなどは大好きなんですよー。
それこそ お子様向きメニューだと思うのですけどね。でも、スパゲッティはお子様向きだそうでした。 ミートソースなんか煮込んで美味しかったのに、それがスパゲッティですと、ダメなのです。マカロニを茹でてミートソースを絡めて 付け合せにしたのは美味しいのだそう。

夫の味覚なんて全く信じてませんでした。感覚だけで食べているのだと思ったことでした。

ま、家族の夫々の口に合わせてお料理をなさる奥様は大変です。
ホントによくなさいます。

肉じゃがは美味しいですね。おジャガがホクホクで とても美味しいと思います。家の夫はこのおジャガ、蒸かしたのをバターをたっぷり載せて、或はサワークリームをたっぷりで頂くのが大好きでした。
私は洋風も和風も大好きです。大体好き嫌いがありません。
味付けさえ良ければ何でも頂きます。
Commented by oshibanayoshimi at 2016-05-13 20:40
masshy様
こんばんは。
トビウオのお汁は、はっきりした、ガツンとした味ではありません。
ホンワカ優しい味のお汁です。
お母上様に気に入っていただけるか、不安です。
Commented by oshibanayoshimi at 2016-05-13 20:45
yasukon様
こんばんは。
お刺身用のトビウオは、滅多に見られません。
たまたま、イズミで見つけました。毎年、5月頃、見つけます。
すり潰しますから、トビウオのお刺身を買えば、簡単にできます。
お刺身で売られている事もあります。福屋さんの地下で見たことがあります。
一度お試し下さい。こちらの母が、「これにはキャベツがおいしいのよ」と、申しておりました。
Commented by oshibanayoshimi at 2016-05-13 20:49
fran様
こんばんは。
毎度おなじみの、トビウオ料理です。
お刺身用のトビウオは、滅多に売られていませんが、年に一度くらい、見かけます。トビウオのお刺身を買ってくれば、三枚におろしたり、皮を引く手間が省けます。後は、すり鉢でゴリゴリだけです。
肉じゃがは、意外に難しいと思います。私が作ると、オジャガが煮崩れてしまいます。
Commented by oshibanayoshimi at 2016-05-13 20:57
marsha様
こんばんは。
ネロ年代以上の年齢の男の方は、基本的に男尊女卑が身に染みていますから・・・。
今時の男の人に比べたら、めちゃくちゃですね。
50年近く、ネロのめちゃくちゃに、ほとほと参っております。

美味しい素材が有れば、調理意欲も増しますが・・・毎度毎度同じような献立です。
Commented by sako-gohan at 2016-05-13 21:44
いつも同じ献立とおっしゃいますが,旬のものをきちんと手をかけて、素晴らしいです。
トビウオは,関西まででしょうか。大阪にいた時、見たことがありますが,こちらでは見かけません。
すり流し汁、いいですね。でも,もしトビウオがあっても、残念ながらうちではできないかも。。
上品なお味より,スーパーの総菜でいい,と言うヒトが側にいるのも、料理意欲が半減するものです。
Commented by oshibanayoshimi at 2016-05-13 21:55
sako様
こんばんは。
このトビウオのお汁は、ネロのおふくろの味です。こちらの母から教わりました。とにかくスーパーウーマンの姑でしたから、お料理も上手でした。決して、かないません。
ゆすらうめ家の食卓に、トビウオのお刺身が、時折登場しますね。
地球の自然形態が変わってきていますから、土地土地で、獲れる魚も変わってきていますね。
Commented by usatyu4 at 2016-05-14 08:15
おはようございます。 トビウオのお汁、おいしそうですね。
私は面倒なことが苦手なので、いつもこちらに来て、
写真を見てうなづきながら食べた気分になっています。
Commented by ikutoissyo at 2016-05-14 09:05
おはようございます。
トビウオは形は写真で知っていますが、一度も食べたことがありません。
文句をおっしゃりながら、毎年ちゃんと旬の食材でお料理をなさって
頭が下がる思いです。
最近では、食べ物に季節が無くなっていますので、旬を大切にしなくちゃ・・・、気持ちだけは持っているのですよ。
Commented by oshibanayoshimi at 2016-05-14 10:44
うさ子ちゃん様
おはようございます。
トビウオは、加工しなければ美味しく無い魚だそうです。
年に一度ですから、手間をかけました。
美味しいお汁です!!!
Commented by oshibanayoshimi at 2016-05-14 10:50
domani様
おはようございます。
トビウオは、姿のままでは、なかなか店頭に並びません。
見つけた時に作る、お汁です!
近頃では、"あごだし"と云う、お出汁の方が有名になりましたね。
トビウオは、獲れたてならば、お刺身も美味しいと思います。
季節の食べ物は、体にも良いと思っています!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


押し花の事、毎日のご飯の事


by oshibanaobasan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
押し花
るーぷアート
日々の出来事
我が家の「食」
故郷便り
ヘリーバッグ
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新のコメント

aomeumi様 おは..
by oshibanayoshimi at 10:54
青目 こちらにうかがっ..
by aomeumi at 09:15
Dekoさま こんばん..
by oshibanayoshimi at 21:59
Deko様 こんばんは..
by oshibanayoshimi at 21:51
↑書きましたが今此方へ花..
by Deko at 20:09
こんばんわ遅ればせながら..
by Deko at 20:01
fran様 こんばんは..
by oshibanayoshimi at 19:20
2005-1127様 ..
by oshibanayoshimi at 19:15
はりねずみ様 こんばん..
by oshibanayoshimi at 19:08
ゆすらうめ様 こんばん..
by oshibanayoshimi at 18:59
rabbitjump様 ..
by oshibanayoshimi at 18:55
さっちゃん様 こんばん..
by oshibanayoshimi at 18:48
カプが優勝したので町中が..
by fran9923 at 18:37
こんにちは。 カープの..
by 2005-1127 at 17:26
こんにちは チョコは買..
by はりねずみ at 16:52
ケチャップ味のロールキャ..
by weloveai at 16:38
いつの間にか彼岸の入り、..
by rabbitjump at 16:33
こんにちは。 まだまだ..
by さっちゃん at 16:06
うらら様、 "年寄り子..
by oshibanayoshimi at 11:18
momo様 おはようご..
by oshibanayoshimi at 11:15

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会
花の訪れ
2匹の犬とおばさんの日常
Rabbitjumpの草原
sumomo
        ...
わたしの好きな物
*nunonohana*
緑と食卓
ネジ式
ほっこリ日記
楽・遊・学・ビバ人生!!
一茎草花
ひだまり●●●陽のあたる...
本当に幸せなの?
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
風をきって -冒険者たち-
日々の暮らし
毎日コタロー +α
思いのままに
終の棲家のひとりごと♪
出雲そば いいづか
Mrs.和やか in 手帳
ゆっくりゆったり
夢遊土窯
日々楽しく ♪mon b...
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
好きなものに囲まれて2
元気ばばの青春日記 気持...
四季折々<4>
春のよき日に vol.3
三味★三昧

その他のリンク

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ

画像一覧