カテゴリ:我が家の「食」( 818 )

エビ餅

d0105063_214629.jpg

 桜海老を搗き込んだ"エビ餅"が、のし餅状態で、届きました。
隣の団地の義妹からです。毎年、この時期に搗いて、届けてくれます。搗き立ては、カットできません。柔かからず、硬からずの時に、切り餅と、あられにします。
d0105063_21505888.jpg

お餅は、大根を側に置いて、時々大根を切り、包丁を湿らせながら、カットしていきます。意外に難しいのです。あられは、乾燥させて、油で揚げたら、美味しいおやつです。
こう云う事は、寒餅と云うくらいで、寒い時期にするものだそうです。こちらの母の教えです。

 朝、急に、先日のお魚屋さんから電話
「奥さん、良い鯖が入ったよ。多分、今日が最後の鯖よ。」  慌てて、歩いて、魚屋さんに行きました。3800歩で着きました。魚屋さんの奥さんに広島菜をお土産に持って行きました。
d0105063_21592749.jpg

立派な鯖です。帰宅して、早速、しめ鯖を作り、ラップして、冷凍庫に入れました。こうすると、恐ろしい寄生虫アニサキスが死にます。
この魚屋さん、午前中に行きましたので、品揃えが良く、買いたい魚ばかりです。珍しく、とても大きな"マルハゲ"と、"ウマヅラハゲ"が並んでいました。(ハゲ=カワハギ)
どっちにしようかと迷って、大きなマルハゲを一匹、買いました。
「奥さん、二つに切っとくけー、頭の方をお父さん、尻尾の方は奥さんが食べんちゃい。」
d0105063_22273765.jpg
d0105063_229480.jpg

お酒タップリとみりんと醤油で炊きました。とても美味しい煮魚になりました。平素は煮魚を食べないBが、黙って、完食しましたので、余程の美味です。頭の方には、肝がタップリ、身もタップリ、ネロ様と半分ずつで充分でした。
d0105063_22151762.jpg

久しぶりにポテトサラダを作りました。あんまり美味しくありませんでした。
その他、B用にお肉を少し焼いて、お味噌汁、広島菜のお夕飯でした。

脳トレ弁です。
d0105063_22184156.jpg

d0105063_2219235.jpg

d0105063_22192461.jpg

「お母さん、おせち作りに忙しい時は、お弁当、いいよ。食堂に行くよ。」だそうです。
アリガタヤ!! アリガタヤ!

by oshibanayoshimi | 2016-12-27 22:23 | 我が家の「食」 | Comments(29)

試食

d0105063_05313158.jpg
どうしても気になるのでしょう、
「漬物を食べてみろ。食べてみろ。」とうるさいので・・・
お夕飯の時、広島菜漬けを食べてみました。
予想通り、暖冬の冬菜は固く、年寄り向きではありません。
まだ漬かりが浅く、本来の味はしません。
もう二、三日様子見です。
いい加減な漬物職人は、"塩何gとか、昆布何袋"等、メモも記録も残していません。
毎年、「塩っぱい」「昆布の味が薄い」色々悩みます。
50年以上続けていることです。記録に残せばいいのにと思うのですが・・・
余計なお世話はしません。

d0105063_05300453.jpg
おせち用に日持ちのする"酢の物"を作りました。
切り干し大根、するめ。人参、昆布、鷹の爪を甘酢に漬けるだけです。
"剣先するめ"を探したのですが、近くのお店のはタイ産です。
剣先するめは、冷たい海水の波の荒い日本海のものかと思いきや・・・
暖かいタイ・・・不思議です。
国産は"松白するめ"、松白では美味しくありません。
でも、タイの剣先は使う気になりません。
松白です。美味しくないと思います。
昨日、デパ地下で探したら、山陰の剣先するめは・・・・・
目玉が飛び出るほどの値段で売られていました。
今やするめは高級食材です。

d0105063_05414909.jpg
胴長短足O脚の西太后は、平素ほとんどスカートです。
しかし、70歳を過ぎてから、下半身が寒くて寒くて仕方ありません。
自分のズボン姿を想像するだけで、ゾーッとしますが、
仕方なくスボンを履くことにしました。
デパートでウールの暖かそうなズボンを見つけて、眺めていたら、
ショップの人が、やたらに薦めてくれます。
老眼鏡無しでは、値段が分かりません。
確かに暖かく、ウールでもチクチクしません。
やおらバッグからメガネを出して値段をみましたら、
¥60.000もするのです!!! こんなの普段に履けません。
なんとか上手に断って、◎ニクロに行ってみました。
¥2.990で暖かいズボンがありました。ウールではありません。当然、化学繊維です。
帰宅して、履いてみたら、まるでお猿さんです。

脳トレ弁当です。
d0105063_05294966.jpg
塩鮭おにぎり弁当
d0105063_05293568.jpg
焼肉弁当
d0105063_05275753.jpg
手抜きおにぎらず弁当

重石の重さにやられた体は、今頃になって、どんどん痛みが増しています。
我が家にお正月は来るのでしようか?


by oshibanayoshimi | 2016-12-22 06:06 | 我が家の「食」 | Comments(30)

ピンク色の塩

d0105063_05420095.jpg
「ピンク色の塩をつけて食べてください。」と、
自称"蕎麦打ち名人"Sさんが"ゆずきり"を届けてくださいました。
d0105063_05420998.jpg
メモに、「茹で時間40秒」と書いてあります。
Sさん、近頃腕が上達して、糸のように細く切ってあります。
40秒茹でて、冷水に取ると、艶良く綺麗です。
d0105063_05421703.jpg
茹でる時もほんのり柚子の香りがします。
蕎麦打ちは、そば粉以外の物を混ぜると、とても難しいそうです。

普通の二八蕎麦もたくさん打って頂いたのですが、
画像は撮り忘れです。
最後の蕎麦湯も、柚子の味と香りです。
「日本人でよかった!」
そんな感覚です。

"ピンクの塩"は、イタリアのものですが、
採れた所はヒマラヤ、ピンクロックソルトだそうです。

脳トレ弁当は続いています。
d0105063_06445449.jpg
d0105063_06450648.jpg
d0105063_05422586.jpg
押し迫ったのに、何〜んも出来ていません。
なぜなら・・・
17日の夕方、広島菜の本漬けをしました。
年寄り二人の作業です。重石を下ろしたりあげたり、
体が痛くて、動けません。
困った!困った!

by oshibanayoshimi | 2016-12-19 06:02 | 我が家の「食」 | Comments(24)

間の漬物

d0105063_20121807.jpg
ぬか漬けも飽きましたし、朝晩ぬか床をかき混ぜるのも、冷たくて、
シンドくなりました。
広島菜はまだまだ食べられません。
ぬか漬けと広島菜漬けの間の漬物です。
d0105063_20095339.jpg
白菜、大根、大根葉、蕪、蕪の葉を刻んで、塩麹で漬けました。
d0105063_20093273.jpg
一晩で食べられます。
お醤油をタラリでも、ポン酢でも、とても美味しいお漬物です。

d0105063_20095904.jpg
ほんの少し金柑を甘露煮にしておきました。
日持ちがしますので、勿論、おせちの彩り用です。

今朝の脳トレ弁当です。
d0105063_20081175.jpg
d0105063_20082126.jpg
d0105063_20090122.jpg
炊きたてご飯に、ごま油といりごま、塩少々を混ぜて、
小さな俵むすびにします。
お肉をしっかり巻いて、フライパンで転がしながら焼きます。
砂糖醤油で味をつけます。
d0105063_20075478.jpg
↑カットすると、こんな風になっています。
d0105063_17554431.jpg
↑"おにぎらーず"は手抜き弁当です。

なかなか年用意は、はかどりません。

by oshibanayoshimi | 2016-12-13 20:32 | 我が家の「食」 | Comments(20)

紅白キャベツ合戦

 先日の"広甘藍"ですが・・・・一度に、丸々一個食べ尽くす事は難しいです。
昨夜は、ロールキャベツでいただきました。
d0105063_05450145.jpg
 こちらに来た時、こちらの母から
「ネロちゃんは、ロールキャベツが好きなのよ。」と言われ、ケチャップ味が好みと聞きました。
(この事は、ブログに何度も書いていますが・・・)
トマトの水煮缶にお醤油やソースやケチャップ等々、いろいろ混ぜて作った自己流トマトソースです。
いつもいつも同じ味では、面白みに欠けます。白いソースも作って、紅白歌合戦ならぬ、紅白キャベツ合戦と相成りました。
d0105063_05450770.jpg
白いソースは、バターでお粉を炒めて、牛乳でのばしただけです。味はマギーのキューブです。
クリスマスが近くなったら、スーパーマーケットの棚からバターが消えました。手持ちのバターにマーガリンを加えたら、ホワイトソースに変なマーガリンの匂いがして、とても気になります。

 どちらが勝ったかと云えば、ネロ様は、「どっちも美味い。」Bは「トマト味」だそうです。
せっかくの"広甘藍"ですが、こうして煮込んで、ソースをかけたら・・・・・勿体無いかもしれません。
生で食べてこそ、特徴が顕著に感じられると思いました。

d0105063_05445195.jpg
↑この日の何よりのご馳走は、ネロ様のサッカーの先輩が、栃木県の那須から届けてくださった、美しい色の茄子の漬物と、我が家のぬか漬けでした。
d0105063_05442867.jpg
↑脳トレの効果は全く見られず、切り干し大根の煮物に"人参"をすっかり忘れています。
色合いが変です。
d0105063_06061875.jpg
↑季節外れですが、わけぎのヌタ、意外に美味です。

d0105063_05451982.jpg
d0105063_05451467.jpg
脳トレ弁は、続けるしかありません。トホホ

by oshibanayoshimi | 2016-12-06 06:10 | 我が家の「食」 | Comments(28)

広甘藍

d0105063_12492535.jpg
このお野菜の高騰の時、広島伝統野菜"広甘藍"をいただきました。
早速、今朝は"巣ごもり卵"でいただきました。
半熟の卵と混ぜながら食べると、とても美味しいです。
d0105063_12493166.jpg
単純に千切りキャベツも美味しいです。
d0105063_12493825.jpg
新鮮な千切りキャベツ、何よりのご馳走です。

細々ではありますが・・・・脳トレ弁は続いています。
d0105063_12495050.jpg
d0105063_12495632.jpg
d0105063_12500213.jpg
d0105063_12501660.jpg
d0105063_12500829.jpg
脳のトレーニングの効果は?
あまり効いているとは・・・感じられません。

by oshibanayoshimi | 2016-12-04 13:03 | 我が家の「食」 | Comments(22)

地御前の牡蠣

d0105063_133261.jpg

d0105063_1334933.jpg

d0105063_1341418.jpg


 26日の土曜日、宮島の少し手前、地御前というところに、牡蠣を買いに行きました。
↑行く途中に見た、皇帝ダリアの土手です。去年も見ました。

d0105063_140976.jpg

 先日、ネロ様の出身高校のサッカー部90周年記念パーティーというものが催されました。
そのパーティーに出席した折、後輩のTAOさんと云う、牡蠣を商っておられる方に、
「ネロさん、久しぶりです。一度、ぜひ、牡蠣を買いに来てくださいよ。」と、言われたそうです。
牡蠣屋さんの後輩が居ると云う事は、知っていましたが、一度も買いに行った事はありませんでした。
地御前というところには、たくさんの牡蠣屋さんが並んでいて、その後輩の事務所を探すのに一苦労、どこも同じような店構えなのです。やっと見つけて、牡蠣フライ用の剥き牡蠣を1kg買いました。スーパーマーケットより、ずいぶんお安いと思いました。小さな牡蠣飯用の牡蠣をサービスにいただきました。
d0105063_13235161.jpg

帰宅してから、頑張りました。まず、カキフライ大好きの、ネログループのN氏様に届けました。
台所を綺麗に保つ為に、奥方に揚げ物を作ってもらえないN氏は、ネログループで集まると、居酒屋で、必ず"カキフライ"を注文するそうです。ネロ様が一つ摘んでみると、牡蠣の味はしない、まずいカキフライだそうです。
あいつに美味い牡蠣フライを食わせてやりたい。」と、私に届けさせるわけです。
30個近く揚げて、持って行きました。N氏大感激、ほとんど一人で平らげたそうです。奥方は、二つだけ。
Aにも食べさせたいので、衣だけつけて、届けました。
お夕飯の時、ネロ様は「美味い、味が濃い」、美味しいそうです。
Bも、「今日のは、美味しいね。」
やはり、産地の物は、一味違うようです。私は・・・N家、A、我が家用と、カキフライを作ったら、胸いっぱい、お腹いっぱいになっていました。
by oshibanayoshimi | 2016-11-27 13:40 | 我が家の「食」 | Comments(28)

粕汁

d0105063_18361847.jpg
 天気予報で、冷える冷えるというので、昨夜は"ネロ家の粕汁"を作りました。
ネロ家の粕汁は、よそ様と、ちょっと違います。初めて食べた時、里の粕汁とのあまりの違いに、びっくりたまげました。
○ 朝から酒粕をすり鉢に入れ、お湯を注ぎ柔らかくしておきます。
○ 大根は拍子木切り、コンニャクも同じ大きさにカット、それぞれ下処理をします。
○ 出汁と、砂糖と、醤油で煮て、大根とこんにゃくに味をつけておきます。
○ 塩サバ、もしくは塩鮭をサイコロ状にカット、熱湯で霜降りにしておきます。
○ すり鉢の酒粕を出汁でのばしながら、ゴリゴリと、擦り、滑らかにします。
○ 鍋に、出汁でのばした酒粕と大根こんにゃくを煮汁ごと入れ、火にかけます。
○ 汁の濃さは、だしで調節しますが、沸騰したら、霜降りした魚を入れて、出来上がりです。
こちらの母には、内緒ですが、すり鉢でゴリゴリする時、私の独断と偏見で、密かに白味噌を加えます。コクが出ます。こちらの母やネロ様にしたら、白味噌など、もっての外、正しいネロ家の粕汁には入りません。もう一つ、魚が入りますので、生臭さを軽減する為、生姜の絞り汁をほんの少々隠し味に加えます。この事も、こちらの母が知ったら・・・・・クワバラクワバラ・・・
ネロ様にとったら、これが粕汁!! 私の里の野菜いっぱい粕汁は粕汁ではありません。
娘たちは食べませんので、Bが「お夕飯いりません。」の日に作ります。

d0105063_18362261.jpg
メインのおかずは、肉豆腐です。NHKのあさいちで、放送されていて、美味しそうでしたから、真似しました。なかなか美味しくできました。
d0105063_18362731.jpg
水前寺菜をサッと茹でて、削り節とポン酢で和えました。
ネロ様、粕汁を満足そうに召し上がりました。とてもインパクトの強い粕汁です。

******************************************************
***************



More 11月婦人会
by oshibanayoshimi | 2016-11-25 19:28 | 我が家の「食」 | Comments(18)

おから

d0105063_19013624.jpg
お使いに行く道に"カエンキセワタ"が咲き始めました。
"キセワタ=被綿"という言葉は、どういう意味かと思ったら・・・


きく‐の‐きせわた【菊の被せ綿】

陰暦9月9日、重陽(ちょうよう)の節句に行われた慣習。前夜、菊の花に霜よけの綿をかぶせ、その露と香りを移しとって、翌朝その綿でからだをなでると、長寿を得るといわれた。きせわた。きくわた。 秋》
・・・だそうです。昨日は一本だけ咲いていました。これからたくさん咲くと思います。

d0105063_19014340.jpg
 久しぶりに、本当に久しぶりに、おからを炊きました。鶏、人参、蒟蒻、しいたけ、ちりめんじゃこ、最後にネギを混ぜました。美味しいのですが、具をたくさん入れたら、出来上がりが、お丼いっぱいになり、ずーっと、毎日食べています。
d0105063_19015247.jpg
 又、マカロニグラタンを作りました。
d0105063_19015881.jpg
サラダはレタスと水菜とカッテージチーズ、そしていつもの人参です。
d0105063_19020395.jpg
脳トレ弁当ですが・・・、行き詰まりです。ちっとも美味しそうに見えません。
d0105063_19021080.jpg
d0105063_19022202.jpg
 数日前のことですが・・・
私の好物がクッキーとナッツですので、Bがナッツの焼き菓子をいろいろ買ってきてくれました。このお菓子屋さんの奥様はフランス人で、大人向きのケーキ屋さん、甘く無く、なかなかの味です。ローストナッツも美味しいです。ついつい食べすぎます。Bだけが母親の誕生日を覚えていました。
お母さん、ケーキの方が良かった?
「イエイエ、近頃、ケーキはきつい、クッキーの方が良いよ。」
楽しみに、ポリポリ食べています。

by oshibanayoshimi | 2016-11-23 21:49 | 我が家の「食」 | Comments(19)

暖かいけれど・・・おでん

 霜月とは云え、ここ数日の暖かさは、ありがたいような・・・おかしいような・・・そんな昨今です。
d0105063_18271392.jpg
 献立浮かばぬ病を発症しておりますので、気温に関係無く、おでんを煮ました。
折角、練り物も、お肉も、大根も、きちんと下処理をして、綺麗な澄んだお汁にしようと、気を使ったのに・・・、ついつい、お漬物を切っている間に、グラグラと沸騰させてしまいました。お汁が濁りました。トホホです。
寒くもないのに・・・おでんは、不評でした。ネロ様は、汗を拭きながら・・・
d0105063_18272010.jpg
もずくは、ずっと値段が変わりません。特別に美味しくはありませんが、お野菜の代わりに、ツルリと食べてもらいます。
d0105063_18272711.jpg
レタスはとても高価ですが、人参は程々ですから、細切りにして、薄塩、ちょっとお酢を振りかけて、レタスの上に飾ります。主婦は色々考えます。
 いつになったら・・・お野菜の値段が安定するのでしようね・・・おせちが心配になります。

脳トレ弁も頭痛のタネです。
d0105063_18273712.jpg
d0105063_18274476.jpg
 おでんも煮詰めて、お弁当のおかずにします。彩の緑に毎日悩みます。
良いアイディア、教えてください。

by oshibanayoshimi | 2016-11-21 18:53 | 我が家の「食」 | Comments(27)


押し花の事、毎日のご飯の事


by oshibanaobasan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
押し花
るーぷアート
日々の出来事
我が家の「食」
故郷便り
ヘリーバッグ
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

最新のコメント

aomeumi様 おは..
by oshibanayoshimi at 10:09
青目 じゅんさいのおい..
by aomeumi at 09:27
masshy様 こんば..
by oshibanayoshimi at 21:40
ジュンサイをジュレですか..
by masshy85 at 21:34
さっちゃん様 こんばん..
by oshibanayoshimi at 20:43
こんにちは。 ジュンサ..
by さっちゃん at 17:45
yukiusagi様 ..
by oshibanayoshimi at 15:42
nagotu様 お暑う..
by oshibanayoshimi at 15:36
marsha様 お暑う..
by oshibanayoshimi at 15:33
muyuusogama様..
by oshibanayoshimi at 15:28
yoshimiさんこんに..
by yukiusagi_syakuna at 13:10
ただ、一言…。 よくキ..
by nagotu3819 at 10:46
ジュンサイのジュレ固めは..
by marsh at 10:23
さすが~お姉さま ソー..
by muyuudogama at 10:14
fran様 おはようご..
by oshibanayoshimi at 10:09
ゆすらうめ様 おはよう..
by oshibanayoshimi at 10:05
yasukon様 おは..
by oshibanayoshimi at 10:02
はりねずみ様 おはよう..
by oshibanayoshimi at 09:58
おはようございます。美味..
by fran9923 at 07:58
見た目も爽やかで涼しげな..
by weloveai at 06:54

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会
花の訪れ
2匹の犬とおばさんの日常
Rabbitjumpの草原
sumomo
        ...
わたしの好きな物
*nunonohana*
緑と食卓
ネジ式
ほっこリ日記
楽・遊・学・ビバ人生!!
一茎草花
ひだまり●●●陽のあたる...
本当に幸せなの?
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
風をきって -冒険者たち-
日々の暮らし
毎日コタロー +α
思いのままに
終の棲家のひとりごと♪
出雲そば いいづか
Mrs.和やか in 手帳
ゆっくりゆったり
夢遊土窯
日々楽しく ♪mon b...
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
好きなものに囲まれて2
元気ばばの青春日記 気持...
四季折々<4>
春のよき日に vol.3
三味★三昧

その他のリンク

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ

画像一覧