カテゴリ:我が家の「食」( 818 )

出雲そば

d0105063_19573522.jpg

 娘たちが二人とも「今夜はお夕飯いりませーん。」という日は、何だかお炊事をする気になりません。久しぶりに、おそば屋さんに行きました。ここは出雲そぱのお店です。ご主人が出雲の方のようです。寡黙なご主人が、いつも静かに手早く黙々と厨房で仕事をしておられます。奥様が看板娘で、明るく、愛想良く、キビキビしていて、又来たいなと思わせます。私はいつも、三味そばを頼みます。三枚の割子に少しずつのおそばと、三種類のお薬味が乗っています。なかなか美味です。その他、お酒を召し上がる方には、山陰の美味しい物もいろいろ有るようです。お夕飯がおそばだと、帰宅した頃、又、おなかがすきそうです。其の時は、ぬか漬けでお茶漬けでも食べましょう。
by oshibanayoshimi | 2007-05-12 20:13 | 我が家の「食」 | Comments(4)

季節外れですが・・・

 昨日、今日と夏のような暑さです。苦手な夏がやって来ます。
スーパーマーケットで季節外れの蕪を見つけました。おいしいかどうか分からないのに、ついつい、買ってしまいました。皮を剥いて十文字に切れ目を入れ、糠床に突っ込んでおきました。一日経って、食べてみましたら、季節外れなのに、美味しい!!! のです。柔らかいのに、歯触りもよく、なかなかです。夏になり、食欲の無い時も糠味噌漬けさえ有れば
何とか過ごせると思います。
d0105063_2181835.jpg

by oshibanayoshimi | 2007-05-09 21:08 | 我が家の「食」 | Comments(2)

春の終わりの贈り物

 春が終わり、いよいよ初夏と呼ばれる爽やかな季節です。思いがけず,クール宅急便で茹タケノコとワラビが届きました。東広島市のKさんからです。御礼の電話をしたら「今年は遅れて、済みません。出始めの頃はぜーんぶ猪に食べられて・・・、猪も飽きたんでしょう、やっと人間が食べられるようになりました。」とおっしゃいます。東広島も新しい団地を造成したりで、猪の住む所が無くなり、人里におりてくるようです。ワラビはKさんがおつしゃるに、茹でて灰汁抜きをした物を「らっきよう酢」につけてあるそうです。日持ちがするし、刻めばお寿司の具になり、そのまま食べてもおいしいそうです。珍しい、始めての味でした。お寿司に入れると良いと思いました。タケノコも友人のブログによれば、やはり、らっきょう酢に漬けておくと良い事を知りました。試してみます。こどもの日にお寿司を作ってもいいですね。季節の食べ物は本当に美味しいと、つくづく思います。
d0105063_20361478.jpg
d0105063_20363241.jpg

by oshibanayoshimi | 2007-05-03 20:47 | 我が家の「食」 | Comments(0)

過保護過干渉ママの四苦八苦弁当

 連休ですが、そんな気分では有りません。次女には連休が無く、いつものように仕事に出掛けます。4月、S百貨店からM百貨店に転勤して頑張っています。幼稚園から現在まで
米国留学の間を除いて、私のお弁当を食べ続けています。娘達の小学校時代の先生に過保護、過干渉ママと云われる程のダメママです。止めようと思いながら、延々とお弁当作りを続けています。前日お使いに行かなかった朝は、本当におかずに困ります。今朝も、昨日郁子採りに行き、買い物をしませんでしたので、困りました。頑張っている娘に申し訳ないけれど、こんな物しか作れませんでした。
d0105063_120196.jpg

by oshibanayoshimi | 2007-04-30 12:00 | 我が家の「食」 | Comments(2)

切り干し大根漬け

 山奥育ちの私の作る「おかず」はどこか垢抜けせず、田舎風です。それでも、それを大変喜んでくれる人も居ます。ネロ様の友人方はいずれ劣らぬネロ揃いですが、その中でも最上級のネロ様が居られます。N氏です。その彼が、なんだか私の田舎料理を好みます。焼酎の肴に丁度良いらしいのです。今日の切り干し大根漬けも「旨い旨い」と焼酎がすすむようです。ただ、作るのに手間が掛かり、しょっちゅうと云う訳には参りません。人参もお昆布もスルメも、キッチン鋏で細く細く切るので指にマメが出来たり、肩が凝ったりします。スルメは「剣先」というスルメだと美味しく出来るのですが、「松白」というスルメでは、この味が出ません。切り干し大根は水でもどして固く絞り、お昆布、人参たっぷり、スルメ、鷹の爪の細切りと大きな器に入れます。上からおだしで伸ばした三杯酢とお酒をかけて、しっかりまぜて、出来上がり。2~3日置けば食べ頃です。時には炒り大豆やお正月の数の子も混ぜ合わせると、もっと美味しくなります。因に我が家のネロ様はお酒を飲みません。
d0105063_21384286.jpg

by oshibanayoshimi | 2007-04-28 21:38 | 我が家の「食」 | Comments(2)

うちの糠床

 娘達が「おふくろの味? 別に」と云うように、取り立てて自慢料理と云う物が有りません。が、たった一つ、40年近く守って来た糠床を持っています。15年程前に危ない時期は有りましたが、義弟の家から種を少し貰い、危機を脱してからは、今年も安泰です。体や心に何か有ると糠床に気持ちが行かず、危ない状態になるようです。ダシが出そうな美味しい物なら何でもかんでも混ぜ込みます。お正月の新巻鮭の頭、蜂蜜、椎茸の屑、いりこetc.・・・香りの物もいろいろ入っています。生姜、ニンニク、柑橘類の皮etc.・・・特に岩国の押し花友達Mさんに頂く、大量の山椒の実は、我が家の糠漬けを格段と美味しくしてくれます。Mさんに感謝です。発酵の為にヨーグルトや食パンも混ぜます。冬の広島菜や早春の阿蘇高菜が終わると、糠床を出します。大量の塩と大量の粉からしでシッカリと蓋をしておきましたので、その部分を取ってしまえば、又元の糠床で、直ぐに漬けられます。今年も4月になって直ぐに、食卓に糠漬けキュウリが登場しました。
d0105063_1529820.jpg

d0105063_15293298.jpg

by oshibanayoshimi | 2007-04-26 15:29 | 我が家の「食」 | Comments(5)

蕗青く

 何となく、蕗が食べたくて、やおやさんでつい買ってしまいました。山蕗では無く栽培された蕗は香りが薄く、私の思っている味では無いと知りつつ・・・です。茹でて皮を剥き、端っこを少し食べてみましたが、案の定、美味では有りません。仕方なくキンピラ風に、おじゃこと鷹の爪と炒めて、お醤油と砂糖で味付けしました。ご飯には丁度よいおかずになりました。お弁当にもぴったりです。
d0105063_2147887.jpg

 母の最も初期の俳句に
蕗青く青くと思いゆがきけり(ふきあおくあおくとおもいゆがきけり)
というのが有りました。俳句を作り始めの頃で、多分、ホトトギスに載ったものです。蕗を茹でる時、いつもこの句を思い出します。
by oshibanayoshimi | 2007-04-18 21:51 | 我が家の「食」 | Comments(4)

おふくろの味

 「ねぇーあなた達のおふくろの味って、有る?」と娘二人に聞いてみました。「別に」とガッカリする返事です。こちらの母は何でも完璧なスーパーレィディーでした。ネロ様にはおふくろの味が沢山有り、しょっちゅう「おばあちゃんに作ってもらった」という言葉を発します。良い嫁では無かったと反省しきりのこの私に、沢山のおふくろの味を伝授してくれました。義兄、ネロ様、義弟達、義妹達、それぞれの好物を季節ごとに習いました。これは本当に有り難い事でした。
d0105063_15252868.jpg

d0105063_15255413.jpg

 今朝、スーパーで、今年初めて「うり」を見ました。このうりを美味しい小エビのだしで炊き、くずをはってトロリと炊き上げるお料理も母に教わりました。早めに作って、冷たくして食する、ネロ様も娘達も好きなおかずです。今日はエビが少ししか有りませんので、ホタテの缶詰も使いました。ことし初物です。
by oshibanayoshimi | 2007-04-16 15:35 | 我が家の「食」 | Comments(3)

阿蘇たかな

 阿蘇から緑色の濃い高菜漬けが届きました。弟嫁のお母様からです。お漬け物の名人です。封を開けると懐かしい美味しそうな緑の香りがします。すぐに御礼の電話をしました。この冬が暖かく「寒が無かった」ので高菜が柔らかくならなかったそうです。「柔らかい所だけ食べて下さい。」とおっしゃいましたが、見た所はそんな事は有りません。細かく刻んでお醤油と少しお酢をかけるとご飯が進みそうです。
 母が阿蘇の病院に入院中、病院の食事がなかなか喉を通らず、私はいろいろ工夫をしましたが、口を開いてはくれませんでした。病院の近くにはお店も無く、食堂もレストランも無く、本当に困り果てました。点滴ばかりで、痩せて体力も気力も失せていました。そんな時、この弟嫁のお母さんが高菜漬けを持って来て下さいました。白いご飯にパラリと美しい緑のお漬け物を乗せ、「お母さん、高菜ご飯よ。」と口に持って行くと、美味しそうに食べてくれました。本当に有り難い有り難いお漬け物でした。この高菜の香りと美しい色を見ると、涙があふれてきます。
d0105063_20542930.jpg

by oshibanayoshimi | 2007-03-30 20:55 | 我が家の「食」 | Comments(5)

たけのこ その2

 昨日頂いたタケノコを夕べのうちに2時間程茹でておきました。今日、何かお料理しようと考えていたのですが、いろいろ有って、お使いに行けず、蕗も新若布も有りません。仕方なく普通に炊きました。お鍋にだし昆布を敷き、いりこの出しでワイルドに煮ました。こちらの父が健在の折りは蕗とタケノコを沢山炊いて、父は練り辛子をつけて食べていました。今、ネロ様も練り辛子派です。我が家のヒョロヒョロの小さな山椒も小さな葉っぱをつけていましたので、ちょこんと乗せてみました。中々美味しく炊けました。

d0105063_223714100.jpg

by oshibanayoshimi | 2007-03-29 22:38 | 我が家の「食」 | Comments(3)


押し花の事、毎日のご飯の事


by oshibanaobasan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
押し花
るーぷアート
日々の出来事
我が家の「食」
故郷便り
ヘリーバッグ
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

最新のコメント

aomeumi様 おは..
by oshibanayoshimi at 10:09
青目 じゅんさいのおい..
by aomeumi at 09:27
masshy様 こんば..
by oshibanayoshimi at 21:40
ジュンサイをジュレですか..
by masshy85 at 21:34
さっちゃん様 こんばん..
by oshibanayoshimi at 20:43
こんにちは。 ジュンサ..
by さっちゃん at 17:45
yukiusagi様 ..
by oshibanayoshimi at 15:42
nagotu様 お暑う..
by oshibanayoshimi at 15:36
marsha様 お暑う..
by oshibanayoshimi at 15:33
muyuusogama様..
by oshibanayoshimi at 15:28
yoshimiさんこんに..
by yukiusagi_syakuna at 13:10
ただ、一言…。 よくキ..
by nagotu3819 at 10:46
ジュンサイのジュレ固めは..
by marsh at 10:23
さすが~お姉さま ソー..
by muyuudogama at 10:14
fran様 おはようご..
by oshibanayoshimi at 10:09
ゆすらうめ様 おはよう..
by oshibanayoshimi at 10:05
yasukon様 おは..
by oshibanayoshimi at 10:02
はりねずみ様 おはよう..
by oshibanayoshimi at 09:58
おはようございます。美味..
by fran9923 at 07:58
見た目も爽やかで涼しげな..
by weloveai at 06:54

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会
花の訪れ
2匹の犬とおばさんの日常
Rabbitjumpの草原
sumomo
        ...
わたしの好きな物
*nunonohana*
緑と食卓
ネジ式
ほっこリ日記
楽・遊・学・ビバ人生!!
一茎草花
ひだまり●●●陽のあたる...
本当に幸せなの?
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
風をきって -冒険者たち-
日々の暮らし
毎日コタロー +α
思いのままに
終の棲家のひとりごと♪
出雲そば いいづか
Mrs.和やか in 手帳
ゆっくりゆったり
夢遊土窯
日々楽しく ♪mon b...
Baabaの徒然に
はりねずみの日記帳
好きなものに囲まれて2
元気ばばの青春日記 気持...
四季折々<4>
春のよき日に vol.3
三味★三昧

その他のリンク

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ

画像一覧