人気ブログランキング | 話題のタグを見る

道具

道具_d0105063_10464211.jpg

先日、東の方から届いた"鬼おろし"と云う、昔ながらの自然素材の道具、なかなかの"優れもの"である事が分かりました。
道具で、思いつくのは、広島名物の"小イワシのお刺身"を造る道具です。名前は分かりません。
小イワシのお刺身を造る為に、荷物を縛るビニールテープとか、安物のスプーン等々使用しますが、何と言っても、この道具が一番使い易く、綺麗なお刺身が出来ます。
道具_d0105063_10513139.jpg

「七度洗えば鯛の味」ですから、しっかり洗って、胡麻醤油で和えました。
道具_d0105063_10532773.jpg

こうしておけば、翌日、熱々ご飯と、熱々お出汁で、お茶漬け風にもなります。
今日は少しだけ買いましたので、お刺身の残りで、
道具_d0105063_10553682.jpg

春キャベツとツミレ汁です。
ほんの少しですが、さつま揚げにもしておきます。
道具_d0105063_105628100.jpg

朝、甘辛醤油でサッと絡めて、B子のお弁当に入ります。
家で、さつま揚げを造ると、甘い味付けの市販品と違いますので、美味しいです。

さすが、昔ながらの道具です。"鬼おろし"も"小イワシさばき"も優れものです!!!

追記、
今、アメリカに住んでおられる、出雲の草人様が、「この小イワシをさばく道具を"ギョロ"と、聞いた事が有る。」と、教えて下さいました。Googlで検索してみました。
ここに関係ありそうな事が描いてあります。"魚露"と云う、小料理屋さんが有ったようです。
草人様の仰る通り、さばく所はワイヤーで、持ち手は木製ですね!
板前さんが、色々工夫されるのでしょうね・・・・・・
Commented by けんちゃん&さっちゃん at 2013-03-08 12:02 x
今年も小鰯のお刺身が夕餉の善に乗りましたね。
竹の鰯をそぐ道具もすぐれものですね。
此のような道具は何処で求めたら良いのでしょうか?
スプー等では鰯が骨について綺麗に撮れません。
Commented by ~☆そよぎ☆~ at 2013-03-08 19:46 x
イワシの手開きという技があることは、知っていますが、このお道具なら小さなイワシも綺麗におろせますね。
こんな優れものがあるなんて…。
必要は発明の母と言いますが、なるほどね~と、感心しました。

Commented by oshibanayoshimi at 2013-03-08 21:24
けんちゃん&さっちゃん様、
この道具の名前が知りたいと、調べたのですが、分かりません。
とても良い形をしています。
竹原の小さなお店で買いました。
Commented by oshibanayoshimi at 2013-03-08 21:29
そよぎ様、
広島名物の小イワシです。丁度、大人の人差し指程の大きさです。
小イワシのお刺身も広島名物です。

実は、獲れたての本当に新鮮なイワシは、手ではさばけません。
身と骨がしっかりと、くっついています。
2~3時間経つと、手でさばけるようになります。我が家では、ネロが半分漁師のような釣り好きでしたから、手でさばけない魚を獲ってきました。高齢になって、ここ一二年、釣りは見るだけになりました。
Commented by ★元気ばば★ at 2013-03-08 21:30 x
以前荷造りのテープ紐でする方法
教えていただいて それ以後 やっていますが
このような便利なものもあるのですね
Commented by oshibanayoshimi at 2013-03-08 21:35
元気様、
見つけました。広島県竹原市と言う所に行った際に、地元のお年寄りが集まって運営している竹製品のお店に有りました。
大変姿の良い、使い易い道具です。
Commented by suzu1944 at 2013-03-08 22:10
"鬼おろし"は知っていますが、この小イワシを捌く道具は初めて見ます。
やはり道具は大事ですね。綺麗に仕上がるでしょうね。

鰯はは味がよく出るので何の料理にしても美味しいですね。

Commented by satami1224 at 2013-03-08 22:41
鬼おろしの後は 又便利な物が 有るのですね 7度洗えば
鯛の味ですか 知らなかったですね。

やっぱり竹で出来ているのですね 良い物が有りますね
広島でないと手に入らないのかな?
Commented by aomeumi at 2013-03-08 22:58
ポルトガル・青目
すごい道具ですねぇ・・・ごま醤油は、博多のごまさばと同じ食べ方でしょうか・・・なるほど、なるほど・・・いい方口が見つかったら早速試します。
Commented by aturin88 at 2013-03-09 00:10
こんばんは~

この道具なんて言うのでしょうね(^^)  便利そうですね
私もビニールテープか包丁で裁いていました
お魚大好きですから、何でも作ります
鬼降ろし私も使ってましたが、余りにめが荒く最近は優しい降ろし器を
使っています(笑)   
Commented by KawazuKiyoshi at 2013-03-09 02:30
コイワシの刺身
おいしそうですね。
御相伴。
ふふふ
今日もスマイル
Commented by oshibanayoshimi at 2013-03-09 08:23
suzu様
なかなか優れものの道具ですが、正式な名前が分かりません。
とても良い形とおもいませんか?
使い易く、綺麗なお刺身が作れます。
獲れたて小イワシは、格別美味しいです!
Commented by oshibanayoshimi at 2013-03-09 08:26
satami様
こちらに嫁いで来て、こちらの母から教わった「七度洗えば鯛の味」です。根っからの広島人は、このお刺身が大好きだそうです。
この道具、昔から、全国的に有るようですが、近頃では、滅多に見つかりません。名前もわかりません。
Commented by oshibanayoshimi at 2013-03-09 08:34
aomeumi様、
このイワシさばきの道具、形がとても良いとおもいませんか?
これで小イワシをさばいて、胡麻タップリのお醤油に漬けておくと、
炊きたての熱いご飯と、大変美味しいです。
Commented by oshibanayoshimi at 2013-03-09 08:37
aturin様
この道具、調べたのですが、名前が分かりません。
竹原市の高齢者の手作りのお店で探しました。
形の良い道具です。
Commented by oshibanayoshimi at 2013-03-09 08:38
kawazukiyoshi様
瀬戸内海の小魚は、とても美味しいと、
しみじみ思います。
特に、小イワシは格別です!
Commented by 草人 at 2013-03-09 09:18 x
料理もわからぬ者が口出しするもの気が引けますが…
よく通っていた食事処の大将が似たものを使っています、広島独特だと聞いたことがありますよ…たしか「ギョロ」と言っていました、手で持つところは木、さばくところが鋼線に見えました、ハハ…興味がありませんでしたから、それ以上は分かりません、機会があって松江に戻ったら聞いておきます。
Commented by rabbitjump at 2013-03-09 09:19 x
優れものですね~
どれもどれももおいしそうですヽ(^o^)丿
大好きなツミレ汁、私もまた作ろうと思います。
Commented by oshibanayoshimi at 2013-03-09 09:47
草人様
「ギョロ」ですか・・・・・・
初めて聞きました。調べてみます。
これはとても良い道具です。
小イワシの身をさばく所は竹が刀の歯のように薄く削られています。
形もスマートです。
我が家は誰もお酒を嗜みませんので、小料理屋さんみたいな所と、ご縁が有りません。そんな所の板前さんに尋ねたら、わかりますね、キット!

Commented by oshibanayoshimi at 2013-03-09 09:51
rabbitjump様
ツミレ汁、美味しいですね!!!
瀬戸内の小魚は、しみじみと美味しい魚です。
年取ると、結局、こんな物が・・・・・
Commented by nageire-fushe at 2013-03-09 10:34
鰯の美味しい季節ですよね。
七度洗えば鯛の味ですものね。
すぐれものですね~~。
欲しくなりまりました!!
Commented by oshibanayoshimi at 2013-03-09 11:45
nageirefushe様
山奥育ちの私ですから、イワシや鯖は生臭いと、毛嫌いしていましたが、新鮮な物なら、美味しい事が分かりました。
この、小イワシさばき、この辺りではなかなか見つかりません。
竹原に行ったら、買っておきますね。
Commented by weloveai at 2013-03-09 17:28
春の音連れの小イワシ
手馴れてるのでしょう、手間の掛かるお料理が並んでます。
結婚当初から、お台所を任されたんでしょうか?
お姑さんから沢山の事を学ばれたんですね。
みんな身について、苦も無くされるのですから素晴らしい。
Commented by oshibanayoshimi at 2013-03-09 20:01
ゆすらうめ様、
こちらの母からは、沢山の事を学びました。
とにかく、立派な明治の女性でした。

広島の或る程度、年齢のいった主婦は、小イワシ料理を当たり前に造ると思います。その位、ポピュラーな魚です。
けっして、特別ではないと思います。
私、グータラオバさんです!
Commented by kodemari_e at 2013-03-10 21:19
地域によって 色々 道具もあるのですね!
このお道具あれば イワシのお刺身が食べられるなんて!!!
覚えておきます。

それより 新鮮なイワシを手に入れる方が 重要ですね。
Commented by oshibanayoshimi at 2013-03-10 22:14
kodemari様
昔の人の知恵の固まりのような道具です。
瀬戸内海の環境が少しずつ変わっていますので、小イワシも捕れなくなっている様子です。残念な事です!
Commented by yasukon20 at 2013-03-11 05:51
おはようございます。
コイワシ大すきです。東京に住んでいた頃食べられなくて本当に食べたくて食べたくて・・という思いをしたことを思い出します。
祖母がいつも手に入ると刺身にしてくれたのを見ていたのでいまだに私は手で(指というのが正しいかも・・)開いて骨を取る方法で作ります。
この道具は最初見た時便利そう~って思ったのですがやはり自分の手で・・(笑)
沢山作られて・・重宝しますね。
Commented by chika456 at 2013-03-11 06:33
すごい!見た目もGOODだし、使い勝手もいいし・・
日本の道具って、何て素晴らしいんでしょう。
↓の鬼おろし、しかり。

コイワシの新鮮なものは中々手に入りません。
羨ましいな~~
Commented by oshibanayoshimi at 2013-03-11 07:08
yasukon様
瀬戸内海の小魚は、本当に美味しいと思います。
特に小イワシは、美味しいですね!
どう調理しても、美味しく出来ます。天ぷらも、唐揚げも、南蛮漬けも、ハンバーグ・・・etc.
瀬戸内も海水温度が上がって、余り獲れなくなっているようですね・・・・
Commented by oshibanayoshimi at 2013-03-11 07:12
chika様
形の良い道具でしょう?
小イワシをさばく道具は、色々有るようですが、この竹製が、一番形が良いと思います。
鬼おろしも、なかなか優れものです!
Commented by usatyu4 at 2013-03-11 09:09
おはようございます。鬼おろしという道具を初めて見ました。
木の道具で大根おろしができるなんて考えたこともなかったです。
イワシなどのお刺身はこのような道具を使うのですね。
何もかも初めて知ってびっくりしたものばかりです。
ブログで新しいことを知りました。
Commented by oshibanayoshimi at 2013-03-11 13:53
うさこちゃん様
大変優れものの、道具二種です。
鬼おろしは、きめの粗い、歯触りの或る大根おろしが出来ます。
小イワシさばきは、名前が分かりませんが、昔から有る道具のようです。形が良いでしょう?
私もブログでいろいろ勉強しています。
名前
URL
削除用パスワード
by oshibanayoshimi | 2013-03-08 11:01 | 我が家の「食」 | Comments(32)

押し花の事、毎日のご飯の事


by oshibanaobasan