人気ブログランキング | 話題のタグを見る

筍ご飯

筍ご飯_d0105063_19341211.jpeg
あちこちのブログで、筍ご飯を拝見するようになりましたが・・・
いつもなら、どこからか、掘り立ての筍が、届くのに、今年は、一向に届きません。
何処の皆さまも、お年を召して、筍掘りに出かけられなくなったのだと思います。
昨日の午前中に、スーパーを覗きましたら、土の付いた筍を見つけました。
早速茹でて、今夜は、念願の筍ご飯です。
筍ご飯_d0105063_19341564.jpeg
筍ご飯_d0105063_19342097.jpeg
筍ご飯_d0105063_19342377.jpeg
筍づくしで、たんぱく質少なめのお夕飯でした。
満足満足!

筍ご飯_d0105063_19343006.jpeg
デザートは、先日の日向夏ピールです。
これが・・・とても美味しくて、びっくりです。

**********
ネロ様が救急車で、市民病院に搬送されたのは、ちょうど、一年前の今頃でした。
訳の分からぬまま、3週間の入院でした。
わずか3週間で、すっかり老け込み、
今では、ヨボヨボのおじいさんです。
昔の光、今何処!
おばあさんは、大変!

昨日は、小学校の入学式のようでした。
可愛い一年生が、正装のご両親に手を引かれて、
小学校の校門から出て来る家族に、何組も出会いました。
今頃の入学式には、お父さんも出席するのですね・・・
うちのお父さん、入学式も、卒業式も、無視無視無視でしたね・・・
筍ご飯_d0105063_19350433.jpeg
70数年前の一年生の写真が出てきました。
赤組の森先生、白組の高野先生、黄組の近江先生、はっきり覚えています。
30数人のクラスが3つありました。
私は、白組、高野先生でした。
祖母の手編みの左右長さの違うカーディガンを着せられて、下駄履きです。
ヨレヨレのズボンも、祖母の手編みの毛糸のズボンです。
膝やお尻を釘に引っ掛けて、すぐに破けました。
だから、毛糸のズボンが、とても嫌でした。
でも、祖母は、セッセと編み物をしていました。

写真の一番左の女先生は、不思議なご縁ですが・・・
この写真の何十年の後、
弟のお嫁さんを紹介して下さった、仲人さんです。

写真を見ていたら・・・いろいろ思い出しました。







Commented by ikutoissyo at 2022-04-09 21:47
筍づくし、美味しそうですね。
私にとっては筍は苦手な食材です。
良いタケノコに巡り会えないからかもしれません。
煮物もご飯も、満足にできた例がありません。

ネロ様、どうぞお大切に。
あれから一年なんですね。yoshimi様もご無理なさらないでくださいね。

下駄ばきで通学しましたね。
終戦が2年生でしたので、ウクライナ問題は我がことのようです。
Commented by oshibanayoshimi at 2022-04-09 22:25
domani様

こんばんは。
運良く、良い筍にめぐり合いました。
半分をご飯に、半分をお煮しめにしました。
筍ご飯は、明日の朝、焼き飯にします。ごま油で炒めて、塩胡椒すると、又、違った美味しさが味わえます。

入院から一年、まあまあ元気に過ごして来ました。このまま、元気に過ごして貰わねばなりません。

そうですね・・・この戦争が終わらねば、心から、春を喜べませんし、胸に何か引っかかっているようで、モヤモヤしますね・・・
Commented by fran9923 at 2022-04-10 08:27
おはようございます。
東京では土付きの筍などなかなか手に入りません。
が、お店にでるのは早いです。
美味しかったでしょう。堪能されましたね。^^

ネロさま、でも回復されてよかったです。
これからもお元気でいてほしいです。

古い写真は本当に懐かしい思い出でいっぱいになりますね。
あの子供だった頃、何にも考えず遊んでばかりいた頃、もう戻れないけど。
Commented by muyuudogama at 2022-04-10 08:42
お姉様
お早うございます
新鮮な筍が手に入って良かったですね
美味しそうな筍料理 私も早速たけのこご飯 作ります
ごま油で炒めて 炒飯思いつきませんでした これも作りますw

懐かしい写真 見入りますね  
そうそう 思い出します
毛糸をほどいて 湯のしをして 両手を広げ玉にするお手伝いを
していました
編みなおして細くなった毛糸は 2本どり 3本どりにして MIX毛糸にして 又 次の作品に生き返っていました
懐かしいです   
筍の味も 昔の方が美味しかったような気がしますが 思い出分がプラスされてるからでしょうか
Commented by rabbitjump at 2022-04-10 08:56
タケノコ、今が一番おいしいですね。
沢山お料理できましたね、さすがyoshimiさん。
またいただきたくなりました。
フキも美味しいですね。庭におりて私も
フキとりしましょう。
カーデガンの美少女見つけ^^
懐かしいお写真ですね。
思い出がよみがえることでしょう。
Commented by yasukon20 at 2022-04-10 09:31
おはようございます。

下のお写真の話からしますが(笑)当時、下駄ばきの子供もいましたね。
私も下駄だったか記憶にありませんが 確かにこうした記念撮影の一番前の子供たちは下駄の子が多かったですね。
写真の整理をしますがこうした1枚は処分出来ませんね。
yoshimiさん きっと中央の女の子‥ですね。

ご主人様 今はお元気になられて良かったですね。
そうですが~1年前になられますか・・。
これからもお元気でいて 時には大声を出されて(笑)楽しく過ごされます様お祈りします。
Commented by さっちゃん at 2022-04-10 09:59 x
こんにちは。
最近は朝掘りの新鮮なタケノコに出会いません、
いぜんは団地の谷間にお友達がいて近所に竹藪がありこの時期には毎年堀立てのタケノコをとどけていただいてましたが、近頃はイノシシに全部荒らされて採れなくなったそうです。
タケノコずく氏のお膳立てどれも美味しそうですね。
おやつのピールもおいしそう。
Commented by weloveai at 2022-04-10 10:00
やっとホッとできる気温になりましたが、
この季節、何を着ていいのか着るものに迷います。
タケノコ手に入りましたね。
タケノコ一つで暫く献立に困りません。
豊作ではないのでしょうか、どこからも届きません。

懐かしいお写真ですね。
おばあ様が編んでくれたカーディガンにおズボンですか、
私も、ほとんど洋服は母の手作りでした。
朝ドラと同じで豊かな時代ではありませんでしたね。
私は先生の名前も新1年クラスメイトの名前も覚えてません。
変わった子だかもしれません。
Commented by oshibanayoshimi at 2022-04-10 14:17
fran様

こんにちは。
昨夕は、筍づくしを堪能しました。
今朝は、残りの筍ご飯をごま油で炒めて、筍チャーハンです。
むしろ、娘たちは、チャーハンの方を喜びます。

この古い写真に写っている同級生は、多分、ほとんど、田舎にはいないと思います。中学を卒業したら、県外に集団就職で出て行ったり、高校に行ったりです。
でも、懐かしく、いま、出逢っても、名前を思い出すと思います。
時々、逢いたいなーと、思うことがあります。
Commented by oshibanayoshimi at 2022-04-10 14:32
muyuudogama様

こんにちは。
この季節だけの筍です。楽しみました。
翌朝の筍ご飯チャーハンは、お米の一粒一粒に味がしみていますから・・・美味しい訳です。コツは、最後に鍋肌から、お醤油をタラリです。美味しくなります。

懐かしい写真で、故郷を思い出しております。
多分、みんな、町から出て行って、ほとんどの同級生は、いないと思います。
過疎の街になってしまい、さみしい故郷です。
そう思うと、とてもみんなに会いたくなります。
当たり前ではありますが、昔は、ほとんど、手作りの洋服でしたよね・・・
虚弱体質の子供でしたから、祖母は、いろいろ毛糸で編んで、私に着せていたと思います。本など、見てはいませんでした。
昔を懐かしむのは・・・年取ったということですね・・・トホホ
Commented by oshibanayoshimi at 2022-04-10 14:38
rabbitjump様

こんにちは、
あっという間に、桜の花が散ってしまい、季節が過ぎていくスピードについていけません。

筍も美味しかったのですが、私は、蕗の食感が好きです。
噛むと、フワッと香りがして、シャキシャキと・・・美味しいですね・・・
田舎では、野蕗を食べていました。灰汁も香りも、市販の物より強く、特別に美味しかったと思います。

昔は・・・何もかも、手作りで、祖母は、セッセと、編み物をしていました。
本など、見てはいませんでしたから、右と左で、裾の長さが違います。適当なところは、私が受け継いております。
Commented by oshibanayoshimi at 2022-04-10 14:47
yasukon様

こんにちは。
私・・・いつも、下駄でした。
ふるさとは、大分県の日田市が近いのですが、日田は、下駄の産地で有名でした。好きな柄の鼻緒を挿げ替えてもらうのが、楽しみでした。
下駄と、別珍の足袋を履いていました。懐かしいです。

おかげさまで、その後、ネロは元気です。
ただ、急速におじいさんになりました。
娘が、お父さんが出かける時は、お母さんがついて行きなさいよと、申します。
しかし、ネロは一人で出掛けたがります。私がついて行って、世話を焼くと、益々、おじいさんになってしまうのではと・・・難しいところです。
Commented by oshibanayoshimi at 2022-04-10 14:53
さっちゃん様

こんにちは。
ようやく、筍に巡り会えました。
とても柔らかい筍でした。

そうですか・・・イノシシですか・・・イノシシも、筍が好物のようですね・・・
フジハイツには、今年になって、イノシシも出ますし、先日は、タヌキを見ました。長女は、うちの近くで、狐も見たそうです。狐は、悪いバイ菌をたくさん持っているから、気をつけるようにと、言われました。
美味しいものは、小動物も、同じく、美味しいと感じているのですね・・・

年に一度の筍づくし、美味しい夕飯でした。
Commented by oshibanayoshimi at 2022-04-10 15:02
ゆすらうめ様

こんにちは。
朝晩の気温差が大きくて、本当に、着るものに困りますね・・・
着るものが無い無いと、毎朝言っています。
去年は、何を着ていたのやら・・・思い出せません。トホホ

↑のさっちゃん様の仰るには・・・筍、イノシシが食べているそうです。
美味しいものは、なんでも、人間より先に、食べているようです。
もう一度くらいは、探してみようと思います。
おせち用に、瓶詰めも作りたいです。

貧しい時代に育っています。
私の背が低いのは、赤ん坊の時、何にもなくて、お乳も出なくて、お芋や、南瓜ばかり食べさせたからね・・・と、母が、よく申しておりました。熱ばかり出して、外遊びもしていませんし、体操の時間も、何もせず、運動会にも出ず、体を動かしませんでしたから、背も伸びませんよね・・・
下駄を履くと、ちょっと、背が高くなったような気がしましたよ。
Commented by masshy85 at 2022-04-10 19:46
筍づくし、いいですね。
やっとスーパーで見かけるようになりましたが、
ひとりで1本。どうしよう?です。
Commented by oshibanayoshimi at 2022-04-10 21:49
masshy様

こんばんは。
そうですね・・・お一人には、筍一本、食べ尽くせませんね・・・
半分は、お砂糖をまぶして、冷凍しておけば、秋冬に、お煮しめに使えますよ!
Commented by 1944-suzu at 2022-04-11 08:53
今年は筍は遅かったようです。
我が家にも届き始めました。
同じ筍料理でも、私とは大違いで
綺麗な料理ですね(*^-^*)
私は一番食べたかった煮しめにしました。

今は此方でも入卒業式両親参加ですよ。
コロナ禍の中、今年やっと入学式が行われたようです。
はい! 我が家も母子家庭でしたよ(笑)
Commented by oshibanayoshimi at 2022-04-11 09:29
suzu様

おはようございます。
suzu様のところで、お煮しめを拝見した直後にこの筍を入手、早速調理しました。
年に一度は、どうしても食べたい筍です。

少子化になって、大切なお子様を、両親が見守っておられるのですね・・・
お父さんは、会社をお休みされるのでしょうね・・・

叔父は小児科開業医でしたが、熱の有る患者(子供)さんに、両親と、おじいちゃんおばあちゃんまで、付き添って来られる方がいて、待合室は、付き添いさんで、満員だったそうです。世の中変わった!!!
Commented by PochiPochi-2-s at 2022-04-13 10:34
やはり春、この時期は筍ですね!
とはいえ、わが家はまだ食べてはいませんが。

70数年前の一年生の時のお写真を拝見し、私も自分の時の写真を思い出していました。私は昭和30年。敗戦から10年。行動の長い椅子に腰掛けていました。そしてみんなそれなりの晴れ着姿でした。貧しいながらもちょっとはマシな状態になっていたのでしょうね。
Commented by oshibanayoshimi at 2022-04-13 14:07
PochiPochi様

こんにちは。
いよいよ筍の季節です!
この時期、一度か二度、食べたい食材です。
我が家では、多めに炊いた、筍ご飯を、翌日、ごま油で、炒めて食べます。
娘たちは、これが大好物です。

一年生の写真、突然出てきて、懐かしく、見入ってしまいました。
大体の人を覚えていますが、多分、田舎には誰も残ってはいません。
ほとんどの人が、集団就職で、県外に出ました。
その他の人は・・・都会の学校に出ましたし・・・
寂しくなった、ふるさとです。
Commented by masshy85 at 2022-04-14 19:18
お砂糖をまぶして冷凍ですか!
覚えておきます!
Commented by oshibanayoshimi at 2022-04-14 23:21
masshy様

こんばんは。
糖分は冷凍しても、凍りませんので、筍に、お煮しめに使う分量のお砂糖をまぶして、冷凍室に入れておけば、秋や、お正月の筑前煮などに、使えます。
Commented by aomeumi2 at 2022-04-15 12:18
青目
このあたりは竹やぶだらけ、小振りの掘りたてをいただきましたが・・・中味がほとんどなかった。
冷凍できるのですね。今度掘ったら試してみます。
Commented by oshibanayoshimi at 2022-04-15 18:20
aomeumi様

こんにちは、
掘りたての新鮮な筍が、手に入るのですね! 羨ましいです!

秋に、お煮しめにするべく、適当にカットして、お煮しめに使用する分量のお砂糖を
茹で筍にまぶして、冷凍しておきます。筑前煮などに使えます。
水煮にして、瓶詰めで、保存もできます。
名前
URL
削除用パスワード
by oshibanayoshimi | 2022-04-09 20:20 | 我が家の「食」 | Comments(24)

押し花の事、毎日のご飯の事


by oshibanaobasan